中学受験は必要?公立中学のメリット

中学受験ですが、私立中学なら当たり前のように存在し、一部の公立中学にも存在しています。

ところが、地方に行くと受験すら高校で初めて受けるという所があります。
これが過疎部へ行けばいくほど強い傾向があります。

都市部で中学受験を控えている家族から見たら信じがたいことかもしれませんが、紛れもない事実です。

何もしなくても中学まで入れるという見方もあるかもしれませんが、入学したい中学が選択できず、強制的に学区の中学に行かされるというデメリットがあります。
さらに、小学校までの同級生も一緒ですので、新しい出会いなんて期待できず、レベルの低いF中学になんて通学することになってしまったら、学力なんて上がりもしません。

ですので、受験なしで中学に行ける過疎部のこの制度は、実はデメリットばかり目立ちます。

では、中学受験のメリットはと言いますと、入学したい中学を選べるという事です。
都市部であれば、学区割が無い公立中学や公立高校もありますので、よほどのことが無い限りF中学に通学することになり、学力が下がるという事がありません。

さらに、中学で既に受験勉強を経験していますので、高校受験や大学受験などの受験勉強の対策が練ることが出来ますので、後々の受験勉強がスムーズにいきます。親御さんも受験生への扱い方もわかっていますので、メリットが多く目立ちます。

話をまとめれば、先憂後楽という言葉がありますが、楽をして中学に行ってもロクな事がないという事です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク