予習・復習を徹底して志望校の合格を勝ち取った久保田(仮名)さんの体験談

娘は念願の中学受験で志望校に合格することが出来ました。
受験勉強を開始したのは小学校4年生の頃でした。
この頃はまだ机に向かって勉強をする体制が整っていなかったので、初めは塾通いがとても大変でした。
また、学校の勉強より数段難しい授業なので、親としてもなかなか勉強を教えることが出来ず、どうしたら良いのかとても困っていました。
とりあえずまずは授業について行けることが先決だと考え、授業の予習復習を徹底することから始めました。
その頃から机に向かって勉強する、ということがだんだんと当たり前のことになっていったように思います。
この予習復習の徹底は中学受験間際まで行い、これによりだんだんと成績が伸びていき、娘自信も塾の勉強が楽しくなっていったようです。
中学受験は勉強の内容がとても難しいように感じますが、塾の勉強を徹底的に行うことで克服できる部分が多いので、予習・復習は本当に大事な作業だと思いました。
無事に合格出来て本当に良かったです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク