塾で理解できなかった問題を質問して理解を深めていった斉藤(仮名)さんの体験談

娘は小学校5年生の頃から進学塾に通い、中学受験の準備を進めています。
始め塾に通った頃は、学校の勉強とは全く質が違うので、授業についていくのがやっとといった感じでした。
最初こそ戸惑っていたものの、徐々に勉強のコツをつかんだのか、塾で理解できなかった問題を積極的に先生に質問をしていくことで、理解を深めていったように感じます。
その頃からかだんだんと成績が伸び始め、勉強の仕方を掴んでいったように感じています。
娘の志望校は偏差値が70台前半とかなり狭き門なのですが、最初こそ全く成績が届きませんでしたが、今ではもう少しで手が届きそうなところまで来ています。
中学受験は学校の勉強だけでは不十分なところがあるので、出来るだけ早く準備させておいたほうが良いと思っています。
中学受験をして進学校に合格することが出来れば、娘の将来にも良い影響があるのではないかと考えています。
これからも親子で一緒に頑張っていきたいと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク