同じ中学を志望している友達が出来てから勉強が苦では無くなった稲葉(仮名)さんの体験談

我が家には現在中学受験を控えた子供がいます。
両親共に教育熱心なこともあり、中学校は必ず私立に入れたいと考え小学4年生の頃から塾に通わせる等して少しずつ受験勉強を続けさせてきました。
しかし、元々余り勉強熱心なタイプではない我が子は親が希望する中学受験に対して中々身が入らない様子だということもわかっていました。
学年が上がり、受験への日数も減り始め、親としては心配で仕方がない毎日でした。
そんな我が子でしたが、ある日を境にとても勉強に力を入れるようになりました。
きっかけは塾で親しくなった友達が同じ中学校への受験を希望しているということでした。
仲の良い友達と同じ学校へ行きたいけれど今のままでは学力が足りない。その事実に気付いた我が子は今までにないやる気と集中力を見せ、学校や塾の成績も驚くほどにどんどん上がり始めました。
テストの点数を友達と見せ合う等して日々切磋琢磨できることが効いているようです。
共に頑張る友達の存在が中学受験を成功に導いてくれています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク