進学塾で受験対策をさせていた市川(仮名)さんの体験談

子供が中学受験をする際、受験対策として塾に通わせることにしました。世間一般では「お受験」と呼ばれてイベントのようになってしまった受験。我が家ではそんなに大げさにするつもりは無かったんですが、子供の級友のほとんどが塾に通っていることを知り、何となく落ち着かなくなって通わせることにしました。ただ通わせ始めた時期は世間より遅く、中学受験まで1年ほどという時期でした。親戚などからも「遅いのではないか」と言われましたが、結果としてこれが良かったんだと思います。何年も通わせる御家庭もあるようですが、うちの子供には1年間という準備期間がちょうど良かったようです。集中して勉強することが出来て、ストレスも溜めずに過ごせる適当な長さでした。選んだ塾も子供と仲の良い級友がたくさん通っている所にしました。1人ではなく友達と一緒の方がやる気も出るだろうと思ったからです。中学受験と言うとピリピリした空気を想像しがちですが、無理なくリラックスしたムードで子供に勉強させてやるのが一番です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク