綺麗な施設で学生生活をすごさせて上げたいと思い受験させることにした松原(仮名)さんの体験談

子供の志望校の偏差値は70台前半、決して甘い中学受験ではありませんでした。
ですが、その学校は去年大改装をして、偏差値の高さ(伝統的な、古めかしい建物)にありがちの空間から現代風の施設に変貌を遂げていたのでした。
この点において、私は子供に強く中学受験を勧めたのです。
確かに子供は、小学6年生から受験勉強を始めました(勧めたのがその時期です)。が、中学受験というくくりを設けなければ、彼女は低学年くらいからコツコツ勉学に励んでおりいわば下地もできていました。
成績も元からかなり良かったので、そこまで必死さがともなうものではありませんでした。
それでも多少、受験テクニックの習得に苦労したようでしたが、それも、志望校の(綺麗な施設が写る)パンフレットなどで勇気をもらい、その困難もクリアしていきました。
結果として、子供は志望校の施設の素晴らしさのみならず、ご学友との付き合いにも大満足で、充実した日々を送っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク